膝痛の方必見です!

サイトマップ
NOAGE
楽しく若返るトレーニングとは 若返り体験談 初めての方へ トレーナー紹介 お問い合わせ

自由が丘、都立大学でマンツーマンのプライベートトレーニングをしているジムのノーエイジ

膝痛の方必見です!

 

皆様、こんにちは☆

 

今日はアイシングの重要さについてお話します。

 

走った後、どこかにぶつけてしまった後、火傷の後

ちゃんとアイシングしていますか?

 

まず、患部にて炎症が起きます。

腫れた部分に熱がこもって、それを冷やすために水が集まり腫れを引き起こします。

腫れを放っておくと体内で圧迫が起こり、患部が思うように動かなくなります。

そうすると、他の関節や筋肉のケガの影響を受けうまく動かせなくなり、

第二被害を引き起こす可能性が高まります。

 

アイシングをすることにより、二次のケガや直接の患部のケガの回復を限りなくサポートしてくれます!

 

 

☆アイシングの持つ生理的効果

 

・血管を収縮させる
アイシングにより血管は収縮し、冷却部周辺に流れる血液の量は減少する。
 
 
・毛細血管の透過性と細胞の新陳代謝を減少・低下させ、内出血時の二次的低酸素障害の発生を防止する
細胞は血液を介して活動に必要な栄養・酸素を得ている。
しかし 内出血を起こすと、損傷した細胞膜や毛細血管から流出した細胞液・血液が、
細胞内にたまって周囲の毛細血管を圧迫して血液の流れを阻害し、周辺の細胞組織への栄養・酸素の供給が断たれてしまう。
周辺の細胞組織への栄養・酸素の供給が断たれる状態が続くとそれら細胞は死滅してしまう。
これを二次的低酸素障害というが、アイシングは二次的低酸素障害の発生を防止する効果を持つ。
 
・痛感神経をマヒさせ、筋スパズムを軽減させる
アイシングには痛感神経をマヒさせ、患部に痛みがある場合の脳への痛みの伝達を弱めることができる。
 
 
 

10~15分程度氷で冷やして休憩。

患部が体温に戻ったらまた冷やす。

というのを2~3回繰り返しましょう。

やりすぎは凍傷になる危険があるので要注意です!

 

このことを頭に入れて、アイシングをすると

膝痛が楽になりますよ♪

ぜひお家でやってみてください!

 

膝が痛くて動けない方、是非一度見せにいらして下さい。

都立大学駅徒歩1分!

パーソナルトレーニングNOAGE

03-3725-3888

 

都立大学駅より徒歩1分、自由が丘駅から電車で2分!ダイエットに最適なメニューをご紹介♪
日時:2016年2月 9日 AM 11:22
楽しく若返るトレーニングとは 若返り体験談 初めての方へ トレーナー紹介 お問い合わせ